コミュニティと企業の出会いを創出し
ニーズとノウハウのベストマッチングを実現

ママにこっ!子育てサポートプロジェクト
札幌子育て支援団体mamatea
ママにこっ!子育てサポートプロジェクト
「ママが笑うと子どもも笑う!ママの元気は子どもの元気!」をコンセプトに企画活動を行っている市民団体。キラキラ輝ける場所、元気になる場所を作りたいという思いから、母親たちからのリクエストを重視し、子ども連れで気軽に参加できるイベントやセミナーを展開。
01

クオリティの高いイベントを継続するための
スポンサー探しが最大の課題

札幌子育て支援団体「mamatea(ママティー)」は、子育て中のママたちが「お茶する感覚」で気軽に参加できるイベントやセミナーを展開するコミュニティ。代表の谷口美和子さんは「一流の講師によるクオリティの高いセミナーを低価格で提供することを目指しています。 そのためにはサポートしてくださるスポンサー企業が不可欠なのですが、自分一人で探すのは大変でした」と語ります。スポンサー企業が見つからない場合は費用の一部を個人で負担することもあったそうで、運営資金の確保は活動を継続する上でも大きな課題でした。

02

EZO CLUBからの手厚いサポートで
人気講師の招聘と低価格を両立

EZO CLUBコミュニティに参加した谷口さんは、集客やスポンサー探しのアドバイスを求めてEZO CLUBの担当者に会いに行きました。

「私たちの活動を盛り上げたいという熱い思いがあることを感じ、とても嬉しかったですね。スポンサー探しもEZO CLUBが積極的に動いてくれました」。 その結果、企業2社の共催・協賛を得ることができ、「ママにこっ!子育てサポートプロジェクト」が実現。色彩心理の専門家であり美容や食の分野でも幅広く活躍する元パリコレヘアメークアティストを講師に迎えた体験セミナーが開催されました(2017年9月2日)。

「呼びたいと思った講師が呼べたことと、ママたちが参加しやすい会費を実現できたことは大きな成果です」 

03

企業と消費者が直接触れあうことで
お互いを知るきっかけに

谷口さんは、スポンサー企業と打ち合わせを重ねる中で企業側の思いを知ることもできたそうです。

「企業の方々が熱意を持って仕事に取り組んでいることや、私たち消費者のことを知りたいと思っていることに気づきました。自社の商品に対する愛着も感じられ、私たちもその商品が好きになりました」  

協賛企業のご担当者様も、イベントに参加することでたくさんの発見があったようです。

「当社の商品を消費者の方に直接ご紹介できたり、お母さんやお子さまの感想を直接聞く機会はなかなかないので、こういう形での参加は貴重です」と語っています。 

04

耳を傾けてくれることが嬉しい!
EZO CLUBを通じて理想的なマッチングが実現

「EZO CLUBの担当の方がとても熱心で、私たちの話に耳を傾けてくれたことに感動しました。EZO CLUBという企業が間に入ることで、企業に寄り過ぎず、かといって素人的な未熟さもない非常にバランスの良いイベントが実現できたと思います。企業と参加者の方々の接点としても大きな役割を果たしているように感じます」  

将来的にはコミュニティとEZO CLUBがいつでも情報交換・交流できるような仕組みを作りたいと語る谷口さん。

「活動の機会を広げたい、イベントやセミナーを主催したいと考えているコミュティが気軽に相談できたり、協賛してくださる企業と出会えるような場ができたらいいなと思います」 

担当者のコメント
コミュニティ事業
Maoko Imai
今井 真央子
EZO CLUBでは、コミュニティの方々と企業様をつなぎ、新しい化学反応が生まれるようなコラボレーションを目指しています。企業側が求めることを受け入れつつ、主催者の方々が思い描いていることを実現できるよう、より良い方向でまとまるようなコーディネートを心がけています。今後は、コミュニティ・企業双方の相談窓口になれるような存在になりたいですね。