SERVICE

共通ポイント事業

北海道を代表するカード『EZOCA』で
地域をもっと元気に、もっと便利に

共通ポイントカード『EZOCA』のサービスを通じて
提携店舗の集客や利便性向上をバックアップ

01:共通ポイントカード

お店と会員のつながりを増やす、広げる
道民普及率80%を目指します

さまざまなポイントカードがある中で、ナショナルでもなくローカルでもない、リージョナルな商圏で使える共通ポイントカードはほとんど存在していません。大手ポイントカードではどうしてもナショナルチェーンを対象としたサービス・販促が中心となり、逆に商店街のようなローカルでは消費者にとってのメリットが少ないのが現状です。EZOCAは、提携企業と商品者の両方にメリットを提供できるカードです。

02:コラボレーション

道内のスポーツチームやキャラクター
とのコラボで地域を盛り上げます

Jリーグ「北海道コンサドーレ札幌」とのコラボカード、Bリーグ「レバンガ北海道」のファンクラブカードとの連携、北海道を応援するキャラクター「雪ミク」とのコラボカードなどを発行して地域を盛り上げる活動に取り組んでいます。北海道コンサドーレ札幌とのコラボカード「コンサドーレEZOCA」では、普段のお買物を通じてチームを支援できる「EZOCAコンサドーレサポートプログラム」を行なっています。

03:タイアップ

企業とのタイアップで
商品開発やイベント開催につなげます

北海道コンサドーレ札幌のスポンサー企業同士でコラボレーションし、オリジナル商品の開発やイベントを開催しています。2016年にはサッポロビールの「サッポロクラシック」と「EZOCA」がコラボし、北海道コンサドーレ札幌を応援する「サッポロクラシック EZOCA コンサドーレ応援缶」を発売。売上げの一部をチームへ還元し、次世代の選手育成に役立てています。